ブロック塀の自己点検について

ブロック塀の自己点検について
 平成30年6月18日大阪北部を中心に震度6弱の地震が発生し、地震により倒壊したブロック塀の下敷きとなり、尊い命が失われました。
 ブロック塀は、プライバシーの確保や防犯上の観点から住環境の確保に大きな役割を果たしていますが、老朽化が進んだり、構造基準を満たさないブロック塀などは、大規模な地震発生時に倒壊する恐れがあり、人が下敷きになったり、倒れた塀が道路をふさぐなどして、避難や救助・消火活動を妨げることにもなります。
 ブロック塀は所有者個人の財産であり、所有者の責任における適切な管理が必要になりますので、ブロック塀を所有されている方はまずはブロック塀自己点検表を参考に点検を行ってください。
 点検の結果、危険性が確認された場合には付近の通行者への速やかな注意表示により危険回避を行うとともに、撤去や補修についてもご検討くださいますようお願いします。

ブロック塀自己点検表(PDF351KB)
更新日 2018年7月10日