認知症施策について

認知症施策について

認知症ケアパスを作成しました

●認知症ケアパス(care-pathway)とは?

認知症ケアパスとは、認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるように、
認知症の進行や状態に応じて受けられる医療・介護・福祉サービスなどを示したものです。
大口町では、できるかぎり住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるように、認知症の人と
家族を支えていく仕組みをこの一冊にまとめました。

大口町 認知症ケアパス(PDF 4.2MB)

認知症初期集中支援チームを設置しました

認知症の方や、その家族に対する支援体制の強化を図るため、認知症の方等に対し、
早期に関わり集中的かつ包括的な支援を実施するため、認知症初期集中支援チームを設置します。

認知症初期集中支援チームとは?

住み慣れた地域で安心して暮らせるように、専門職員がご本人やご家族をサポートします。

具体的には?

認知症かも?と思われる方や認知症の症状でお困りの方のご自宅へ訪問し、相談に応じ、
医療、介護サービスの説明などを行います。
※必要に応じ、かかりつけ医、介護サービス事業所と情報を共有し、連携していきます。

対象者

大口町内に居住する40歳以上の方で、自宅で生活を営んでおり、かつ、認知症(認知症が疑われる方を含む)
の方で、次のいずれかに該当する方。
・認知症疾患の臨床診断を受けていない方
・医療サービスまたは介護サービスを受けていない方
・医療サービスまたは介護サービスを受けているが、認知症に係る行動及び心理状況が顕著なため、
家族等が対応に苦慮している方

お困りごとがありましたら、地域包括支援センター(94−2227)までご相談ください。

更新日 2018年4月4日

愛知県認知症電話相談について

愛知県では、公益社団法人認知症の人と家族の会愛知県支部に委託して、
認知症に関するお悩みの相談を受け付けるための電話相談窓口を開設しています。

認知症についてや認知症の方の介護等でお悩みの方、ちょっと気になることのある方、お気軽にご相談ください。

相談窓口のWebページ(外部リンク)

更新日 2018年6月1日