住宅・土地統計調査

住宅・土地統計調査

この調査は住宅・土地に関する最も基本的な調査で、その結果は行政の住生活基本計画や街づくり諸施策の大変重要な立案資料として活用され、私たちの住生活の向上のために役立てられます。

調査は5年ごとに全国一斉実施され、次回は平成30年に行われます。

調査結果等、詳しくは統計局ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

更新日 2018年5月15日

住宅・土地統計調査にご協力をお願いします

平成30年住宅・土地統計調査が全国で実施されます。今回の調査では、愛知県全体では約20万世帯、大口町で約550世帯が対象になります。

調査対象の世帯には9月後半から愛知県知事が任命した調査員がお宅を訪問して調査票をお配りしますので、ご記入またはオンラインでご回答ください。ご記入いただいた調査票は、同封の返信用封筒でご返送ください。なお、調査員による訪問回収もできますので、ご希望の日時をお伝えください。調査員が回収に再訪いたします。

ご回答の内容は統計の作成以外に使われることはありません。また、個人情報は統計法により確実に保護されます。なお、調査員は愛知県知事が交付した調査員証を携行していますので、必要に応じて提示をお求めください。

オンライン回答にご協力ください

住宅・土地統計調査では、スマートフォン、パソコン、タブレットで簡単にご回答いただけます。調査の対象となりました世帯には、紙の調査票を配布する前に、オンライン回答票を先行配布いたしますので、是非ご利用ください。

なお、オンラインでご回答いただきました世帯には、紙の調査票配布に訪問致しませんので、予めご承知置きください。

住宅・土地統計調査を装った「かたり調査」にご注意ください

住宅・土地統計調査を装って、年齢や家族構成・人数などの個人情報を聞き出そうとする不審な電話が一般世帯にかけられる事例が発生しています。十分に御注意ください。

  • 統計調査は直接電話でお聞きすることはありません。
  • 回答方法は、オンラインでの回答か、調査票へ記入いただいた上で郵送又は調査員による回収のみです。
  • 調査票は必ず、愛知県知事が交付した「調査員証」を提示した調査員にお渡しください。
更新日 2018年8月16日