資料館企画展のご案内

資料館企画展のご案内

 春の企画展「端午の節句」について

期間:平成30年4月14日(土曜日)から6月3日(日曜日)まで

開館時間:午前9時から午後5時まで

休館日:毎週月・火曜日 祝日開館(5月3日から6日は開館)

場所:大口町歴史民俗資料館(大口町健康文化センター ほほえみプラザ3階)

入場料:無料
 毎年恒例となりました、端午の節句をテーマにした企画展です。館蔵品の五月人形、五月飾り、土人形などを展示いたします。また、親子で簡単につくることができる工作コーナーや、毎年好評の写真撮影コーナーも開設いたします(※下記参照)。

kikaku1

kikaku2

衣装を着て写真を撮ろう!!〜よろいや陣羽織(じんばおり)を着てみよう〜

 よろい・かぶとや陣羽織を着て写真撮影ができるコーナーです。ご家族で、カップルで、お子様の成長記録としてご利用ください。
【受付時間】
午前:9時30分〜11時30分
午後:14時〜16時

(混雑状況によっては、受付開始を15分早めて行う場合がございます)


※保護者同伴の上、カメラをご持参ください(参加費無料)。
※陣羽織は、乳幼児〜大人までサイズ別に5着取り揃えております。よろい・かぶとは、大人用1領、子ども用3領(サイズ別に1領ずつ)、2〜3歳くらいのお子様が着用できるかぶと1頭ご用意しております。お子様のみではなく、ご両親、ご家族で衣装に着替えて撮影も可能です。ただし、1回の写真撮影につき、1着のみのご利用となります(受付時にご利用人数を伺います)。
※ご利用のお客様は、歴史民俗資料館へ直接お越しいただき、衣装を着る方全員お揃いの上で、資料館スタッフにお申し付けください(電話等による事前予約は受け付けておりません)。
※受付時の混雑状況によっては、1時間以上お待ちいただく場合がございます。あらかじめ時間に余裕をもってお越しください。

kikaku3

 

更新日 2018年4月17日